荷物の持ち込み・預け入れの制限について

荷物の持ち込み・預け入れできるキャリーケースのサイズを知りたい!国際線と国内線では違いがあるの?この機会に荷物の持ち込み・預け入れできるキャリーケースを購入したいのですが、国内線と国際線では持ち込めるバッグのサイズが違うんでしたっけ?もしかして、航空会社でもサイズの規定が違ったりするのかな?そんなあなたに、荷物の持ち込み・預け入れできるキャリーケースについて、細かく調べてまとめてみました。

キャリーケース「持ち込み」は、どこまで無料なの?

キャリーケースを持って旅行に出かける際には、乗り物内に無料で持ち込みが出来る個数・重量・寸法に制限があるため注意が必要です。

■ 航空機内に持ち込みできる手荷物

国際線

社名 座席表 個数 重量 寸法 (付属品 / ハンドル・ポケット・キャスター等)を含む
規定内の手荷物
100席以上 身の周り品 (ショッピングバッグ・ハンドバッグ等)
1個と
規定内の手荷物
1個まで
10kg
以下 / 合計
A:55cm
B:25cm
C:40cm 以内

A+B+C≦
115cm 以内

国内線

社名 座席表 個数 重量 寸法 (付属品 / ハンドル・ポケット・キャスター等)を含む
規定内の手荷物
100席以上 身の周り品 (ショッピングバッグ・ハンドバッグ等)
1個と
規定内の手荷物
1個まで
10kg
以下 / 合計
A:55cm
B:25cm
C:40cm 以内

A+B+C≦
115cm 以内
100席未満 A:55cm
B:20cm
C:35cm 以内

A+B+C≦
100cm 以内

国際線

社名
座席表
100席以上
個数
身の周り品 (ショッピングバッグ・ハンドバッグ等)1個と
規定内の手荷物1個まで
重量
10kg
以下 / 合計
寸法 (付属品 / ハンドル・ポケット・キャスター等)を含む
規定内の手荷物
A:55cm
B:25cm
C:40cm 以内

A+B+C≦
115cm 以内

国内線

社名
座席表
100席以上
個数
身の周り品 (ショッピングバッグ・ハンドバッグ等)1個と
規定内の手荷物1個まで
重量
10kg
以下 / 合計
寸法 (付属品 / ハンドル・ポケット・キャスター等)を含む
規定内の手荷物
A:55cm
B:25cm
C:40cm 以内

A+B+C≦
115cm 以内
社名
座席表
100席未満
個数
身の周り品 (ショッピングバッグ・ハンドバッグ等)1個と
規定内の手荷物1個まで
重量
10kg
以下 / 合計
寸法 (付属品 / ハンドル・ポケット・キャスター等)を含む
規定内の手荷物
A:55cm
B:20cm
C:35cm 以内

A+B+C≦
100cm 以内

■ LCC(格安航空会社)で航空機内に持ち込みできる手荷物

国内線 / 国際線

社名 個数 重量 寸法 (付属品 / ハンドル・ポケット・キャスター等)を含む
規定内の手荷物
身の周り品 (ショッピングバッグ・ハンドバッグ等)
1個まで
規定内の手荷物
7kg 以下/合計
①持ち込み用バッグ
A:56cm
B:23cm
C:36cm 以内
規定内の手荷物
1個まで
②スーツパック
A:114cm
B:60cm
C:11cm 以内
身の周り品 (ショッピングバッグ・ハンドバッグ等)
1個まで
身の周り品 (ショッピングバッグ・ハンドバッグ等)
制限なし
A:56cm
B:23cm
C:36cm 以内

A+B+C≦
115cm 以内
規定内の手荷物
1個まで
規定内の手荷物
7kg 以下/合計
身の周り品 (ショッピングバッグ・ハンドバッグ等)
1個まで
10kg
以下 / 合計
A:50cm
B:25cm
C:40cm 以内

A+B+C≦
115cm 以内
規定内の手荷物
制限なし
身の周り品 (ショッピングバッグ・ハンドバッグ等)
1個まで
身の周り品 (ショッピングバッグ・ハンドバッグ等)
制限なし
A:56cm
B:23cm
C:36cm 以内

A+B+C≦
115cm 以内
規定内の手荷物
1個まで
規定内の手荷物
10kg 以下/合計

国内線 / 国際線

社名
個数
身の周り品 (ショッピングバッグ・ハンドバッグ等)
1個まで
規定内の手荷物
1個まで
重量
規定内の手荷物
7kg 以下/合計
寸法 (付属品 / ハンドル・ポケット・キャスター等)を含む
規定内の手荷物
①持ち込み用バッグ
A:56cm
B:23cm
C:36cm 以内
②スーツパック
A:114cm
B:60cm
C:11cm 以内
社名
個数
身の周り品 (ショッピングバッグ・ハンドバッグ等)
1個まで
規定内の手荷物
1個まで
重量
身の周り品 (ショッピングバッグ・ハンドバッグ等)
制限なし
規定内の手荷物
7kg 以下/合計
寸法 (付属品 / ハンドル・ポケット・キャスター等)を含む
規定内の手荷物
A:56cm
B:23cm
C:36cm 以内

A+B+C≦
115cm 以内
社名
個数
身の周り品 (ショッピングバッグ・ハンドバッグ等)
1個まで
規定内の手荷物
制限なし
重量
10kg
以下 / 合計
寸法 (付属品 / ハンドル・ポケット・キャスター等)を含む
規定内の手荷物
A:50cm
B:25cm
C:40cm 以内

A+B+C≦
115cm 以内
社名
個数
身の周り品 (ショッピングバッグ・ハンドバッグ等)
1個まで
規定内の手荷物
1個まで
重量
身の周り品 (ショッピングバッグ・ハンドバッグ等)
制限なし
規定内の手荷物
10kg 以下/合計
寸法 (付属品 / ハンドル・ポケット・キャスター等)を含む
規定内の手荷物
A:56cm
B:23cm
C:36cm 以内

A+B+C≦
115cm 以内
※ここには参考例として代表的な各社のエコノミークラス料金を比較掲載していますが、変更になる場合があります。
※旅行前には必ず航空会社または旅行代理店などにお問い合わせください。
※記載のLCC(格安航空会社)は機内持ち込みサイズ以外の荷物は有料です。
※表示はすべてエコノミークラスの場合です。その他のクラスは各社に必ずご確認ください。
※ベビーカーやチャイルドシート等、条件サイズ外でも無料預けができる手荷物もあるので各社に必ずご確認ください。

キャリーケース「預け入れ」は、どこまで無料なの?

キャリーケースを持って旅行に出かける際には、乗り物内に無料で預け入れが出来る個数・重量・寸法に制限があるため注意が必要です。

■ 航空機内に預け入れできる手荷物 (無料受託手荷物許容量)

国際線

社名 個数 重量 寸法 (付属品 / ハンドル・ポケット・キャスター等)を含む
2個まで 23kg
以下 / 個
A:55cm
A+B+C≦
203cm 以内
A:55cm
A+B+C≦
158cm 以内

国内線

社名 個数 重量 寸法 (付属品 / ハンドル・ポケット・キャスター等)を含む
制限なし 20kg
以下 / 合計
A:120cm
B:50cm
C:60cm 以内
A+B+C≦
203cm 以内

国際線

社名
個数
2個まで
重量
23kg
以下 / 個
寸法 (付属品 / ハンドル・ポケット・キャスター等)を含む
A:55cm
A+B+C≦
203cm 以内
社名
個数
2個まで
重量
23kg
以下 / 個
寸法 (付属品 / ハンドル・ポケット・キャスター等)を含む
A:55cm
A+B+C≦
158cm 以内

国内線

社名
個数
制限なし
重量
20kg
以下 / 合計
寸法 (付属品 / ハンドル・ポケット・キャスター等)を含む
A:120cm
B:50cm
C:60cm 以内
社名
個数
制限なし
重量
20kg
以下 / 合計
寸法 (付属品 / ハンドル・ポケット・キャスター等)を含む
A+B+C≦
203cm 以内

■ 航空会社別 無料受託手荷物許容量

無料受託手荷物許容量(エコノミークラス)比較一覧

航空会社 個数 重量 寸法
- - (1個あたりの重量 / ただし★は荷物の合計重量) (付属品 / ハンドル・ポケット・キャスター等)を含む1個あたりの手荷物の縦・横・高さの3辺合計(一部航空会社では測りが異なります。)
日本航空(JAL)国際線 2 23kg 203cm
日本航空(JAL)国内線 制限なし 20kg ★ -
全日本空輸(ANA)国際線 1 23kg 158cm
全日本空輸(ANA)国内線 制限なし 20kg ★ 203cm
デルタ航空 1 23kg 157cm
ユナイテッド航空 1 23kg 157cm
エールフランス 2 23kg 158cm
ハワイアン航空 2 23kg 157cm
エバー航空(北中南米以外) 制限なし 20kg ★ 158cm
エバー航空(北中南米) 2 23kg 158cm
アメリカン航空 2 23kg 157cm
KLMオランダ航空 1 23kg 158cm
ルフトハンザドイツ航空 1 23kg 158cm
アリタリア航空 2 23kg 158cm
アエロメヒコ航空 2 23kg 158cm
カンタス航空 制限なし 30kg ★ 158cm
大韓航空 1 23kg 158cm
アシアナ航空 制限なし 20kg ★ 246cm
チャイナエアーライン(カナダ・アメリカ方面) 2 23kg 158cm
チャイナエアーライン 制限なし 20kg ★ -
中国南方航空 2 23kg 158cm
中国東方航空 2 23kg 158cm
中国国際航空 制限なし 23kg ★ 158cm
マレーシア航空(北米路線) 2 23kg -
マレーシア航空(北米路線を除く) 制限なし 30kg ★ 158cm
ニュージーランド航空 1 23kg 158cm
フィンランド航空 1 23kg 158cm
スイスエアーライン 1 23kg 158cm
オーストリア航空 1 23kg 158cm
トルコ航空(アフリカ、ブラジル、アメリカ、カナダなど) 2 23kg 158cm
トルコ航空(イスタンブールなどは重量制) 制限なし 20kg ★ 158cm
シンガポール航空(アメリカ線のみ) 2 23kg 158cm
シンガポール航空 制限なし 20kg ★ -
スカンジナビア航空 1 23kg 158cm
アシアナ航空(アメリカ区間) 2 23kg 158cm
アシアナ航空(アメリカ以外) 制限なし 20kg ★ 246cm
フィリピン航空(東京、名古屋~マニア、セブ) 2 23kg 158cm
フィリピン航空(大阪、福岡発着) 制限なし 23kg ★ 158cm

無料受託手荷物許容量(エコノミークラス)比較一覧

※ 1個あたりの重量 / ただし★は荷物の合計重量
※ (付属品 / ハンドル・ポケット・キャスター等)を含む1個あたりの手荷物の縦・横・高さの3辺合計(一部航空会社では測りが異なります。)
日本航空(JAL)国際線
個数 2
重量 23kg
寸法 203cm
日本航空(JAL)国内線
個数 制限なし
重量 20kg ★
寸法 -
全日本空輸(ANA)国際線
個数 1
重量 23kg
寸法 158cm
全日本空輸(ANA)国内線
個数 制限なし
重量 20kg ★
寸法 203cm
デルタ航空
個数 1
重量 23kg
寸法 157cm
ユナイテッド航空
個数 1
重量 23kg
寸法 157cm
エールフランス
個数 2
重量 23kg
寸法 158cm
ハワイアン航空
個数 2
重量 23kg
寸法 157cm
エバー航空(北中南米以外)
個数 制限なし
重量 20kg ★
寸法 158cm
エバー航空(北中南米)
個数 2
重量 23kg
寸法 158cm
アメリカン航空
個数 2
重量 23kg
寸法 157cm
KLMオランダ航空
個数 1
重量 23kg
寸法 158cm
ルフトハンザドイツ航空
個数 1
重量 23kg
寸法 158cm
アリタリア航空
個数 2
重量 23kg
寸法 158cm
アエロメヒコ航空
個数 2
重量 23kg
寸法 158cm
カンタス航空
個数 1
重量 23kg
寸法 158cm
大韓航空
個数 1
重量 23kg
寸法 158cm
アシアナ航空
個数 制限なし
重量 20kg ★
寸法 246cm
チャイナエアーライン(カナダ・アメリカ方面)
個数 2
重量 23kg
寸法 158cm
チャイナエアーライン
個数 制限なし
重量 20kg ★
寸法 -
中国南方航空
個数 2
重量 23kg
寸法 158cm
中国東方航空
個数 2
重量 23kg
寸法 158cm
中国国際航空
個数 制限なし
重量 23kg ★
寸法 158cm
マレーシア航空(北米路線)
個数 2
重量 23kg
寸法 -
マレーシア航空(北米路線を除く)
個数 制限なし
重量 30kg ★
寸法 158cm
ニュージーランド航空
個数 1
重量 23kg
寸法 158cm
フィンランド航空
個数 1
重量 23kg
寸法 158cm
スイスエアーライン
個数 1
重量 23kg
寸法 158cm
オーストリア航空
個数 1
重量 23kg
寸法 158cm
トルコ航空(アフリカ、ブラジル、アメリカ、カナダなど)
個数 2
重量 23kg
寸法 158cm
トルコ航空(イスタンブールなどは重量制)
個数 制限なし
重量 20kg ★
寸法 158cm
シンガポール航空(アメリカ線のみ)
個数 2
重量 23kg ★
寸法 158cm
シンガポール航空
個数 制限なし
重量 20kg ★
寸法 -
スカンジナビア航空
個数 1
重量 23kg
寸法 158cm
アシアナ航空(アメリカ区間)
個数 2
重量 23kg
寸法 158cm
アシアナ航空(アメリカ以外)
個数 制限なし
重量 20kg ★
寸法 246cm
フィリピン航空(東京、名古屋~マニア、セブ)
個数 2
重量 23kg
寸法 158cm
フィリピン航空(大阪、福岡発着)
個数 制限なし
重量 23kg ★
寸法 158cm
■コードシェア便 利用の場合
コードシェア便(提携先航空会社との共同運航)の場合は、運航を担当する航空会社の規則が優先します。
国際的には、ほぼ手荷物の寸法(縦・横・高さの3辺の合計)が158cm以内となっているので、特に往きにJAL便を使用し、現地で乗り換えたり、帰り便がコードシェア便や他社便の場合は有料扱いになる可能性が高いので注意が必要です。
※ここには参考例として代表的な各社のエコノミークラス料金を比較掲載していますが、変更になる場合があります。
※旅行前には必ず航空会社または旅行代理店などにお問い合わせください。