機内持ち込み可能のボストンキャリーバッグをご紹介!注意点や選び方とは?

この記事を読んでいる方の中には、そろそろ旅行に行こうかと検討している方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は旅行の際に大活躍してくれる、機内持ち込み可能のボストンキャリーをご紹介します。ボストンキャリーはボストンバッグとキャリーバッグの両方の良いところをを兼ね備えたアイテムです。魅力や選び方、使用シーンなども含めて解説するので、是非参考にしてみてください。

機内持ち込み可能なボストンキャリーのメリット

機内持ち込み可能なボストンキャリーのメリットをご紹介します。 それは移動のしやすさです。歩くのに邪魔にならなかったり、小回りが利くため、旅行の負担を減らしてくれます。 また機内持ち込むことができるため、荷物受け取りがありません。

そのため、到着後はすぐに出発した方や機内で荷物の整理をしたい方におすすめです。 ボストンキャリーのメリットやデメリットを記載した記事もあるので、是非参考にしてみてください。
関連記事 旅行には軽量で大容量なボストンキャリー!選び方とおすすめの商品をご紹介します!

おすすめの使用シーン①日帰り、一泊二日旅行

日帰り旅行や一泊二日の旅行で使用するのをおすすめします。 機内持ち込みサイズは小さめなつくりであるため、2泊以上の旅行用の荷物は入りません。

そのため2泊以上を考えている方は、もう一つ上のサイズのボストンキャリーを検討するのがおすすめです。

おすすめの使用シーン②アウトドア、キャンプ

旅行以外にも、アウトドアやキャンプでもボストンキャリーは大活躍してくれます。ボストンキャリーがアウトドアで好まれる理由としては、圧倒的に快適さです。ザックとは違い、キャスターがついているため、移動しやすい特徴があります。 もし機内持ち込みサイズのボストンキャリーを使用するのであれば、1人キャンプがおすすめです。

出張用にボストンキャリーはNG?

出張用で使うのはあまりおすすめしません。なぜなら、ノートパソコンなどの精密機器がこわれてしまう恐れがあるためです。

ボストンキャリーにはキャリーバッグのような耐久性はないため、衝撃があった場合にノートパソコンが壊れてしまう可能性があります。ビジネスシーンでは、機内持ち込みサイズのキャリーバッグがおすすめです。

おすすめの選び方をご紹介!

おすすめの選び方についてご紹介します。

軽量な素材を選ぶ

なるべく軽量な素材のボストンキャリーを選びましょう。重量のあるボストンキャリーをえらんでしまうと、せっかくの楽しい旅に負担がかかってしまいます。軽量な素材のモノを選び、快適な旅行にしましょう。

シンプルなデザインを選ぶ

シンプルなデザインのボストンキャリーを選びましょう。ボストンキャリーを買い替えの頻度が多いアイテムではないため、長く使用できるようにシンプルなデザインがおすすめです。

しっかりとした取っ手を選ぶ

丈夫な取っ手がついているボストンキャリーを選びましょう。ボストンキャリーを使用した旅行では、取っ手をもって移動することが意外にも多いです。そのため、しっかりと丈夫な取っ手のボストンキャリーがおすすめです。

機内持ち込みする際はサイズに注意!

機内持ち込みを検討する際には必ず、注意しなくてはならない点があります。それは、サイズです。機内持ち込みできるバッグのサイズには制限があります。

例えば国際線のANAを例にすると、座席が100席以上の場合は3辺の和が115cm、かつ縦55cm,横40cm,高さ25cm以内と決まっております。また、100席未満の場合は3辺の和が100cm、かつ縦45cm,横35cm,高さ20cm以内です。サイズ制限を確認して購入するよう、注意しましょう。

簡単な指標として、容量が40リットル以上や3泊以上用と記されたボストンキャリーは、機内持ち込みできない可能性が高いです。そのため、容量約35リットルや二泊以内用のボストンキャリーがおすすめです。

参照:全日本空輸株式会社(ANA) 国内線 機内に持ち込めるサイズとルール 

サックスバーおすすめの商品

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は機内持ち込み可能のボストンキャリーについてご紹介しました。ボストンキャリーの良さはなんといっても移動のしやすさです。臨機応変にボストンバッグとキャリーバッグの両方の使い方をすることで、移動を楽にしてくれます。 是非、検討してみてはいかがでしょうか。 その際に本記事がボストンキャリーを新調しようとしている方にとって、有意義なものになれば幸いです。

関連記事

スーツケースの詰め方・パッキング術を徹底解説!【荷物が増えても安心】

旅行には軽量で大容量なボストンキャリー!選び方とおすすめの商品をご紹介します!

シワになりにくいスーツの持ち運び方を解説!畳み方やシワの取り方も紹介します!