カルバンクラインの人気ブリーフケース!評判や年齢層もご紹介!

カルバンクラインのブリーフケースを探しているけど、どのように選んだら良いかわからないという方は多いのではないでしょうか。見た目だけで選択してしまうと、失敗するのが怖いですよね。 本記事ではカルバンクラインブリーフケースの魅力や評判、年齢層など幅広くご紹介します。記事の後半ではおすすめのカルバンクラインブリーフケースをご紹介します。 カルバンクラインブリーフケースの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

カルバンクラインとは

カルバンクラインは1968年にアメリカで創立されたデザイナーブランドです。シンプルなデザインが大人気でアメリカファッションにおけるリーダーとしての地位を確立しています。アメリカの大手アパレル企業であるPVHがカルバンクラインの事業を進めており、ブランドは「カルバン・クライン・コレクション」「カルバン・クライン・ジーンズ」「CKカルバン・クライン」など多岐に渡ります。 カルバンクラインはアメリカ人デザイナーのカルバン・クライン氏と友人のバリー・シュワルツ氏によって創立されました。2017年の全世界の売上高は約91億ドル(日本円にして約1兆円)で、100カ国以上で販売している実績を持ちます。 2017年、ブランドロゴが従来のCとKだけだった大文字のロゴから、全てが大文字のロゴに変更され、「CALVIN KLEIN」となりました。

カルバンクラインの魅力

カルバンクラインの魅力は、美しいシルエットとシンプルなデザイン性です。計算され尽くした美しいシルエットは着る人を選びません。またシンプルなデザインなので、どんなアイテムとも合わせやすいのが特徴です。 そしてカルバンクラインからは多くのファッションアイテムが販売されています。例えば、財布やバッグ、カフスやカードケースなど多くのアイテムがあります。そのためカルバンクラインのファッションアイテムでトータルコーディネートができるという点で魅力的なファッションブランドです。

カルバンクラインのレビュー・評判・口コミ

カルバンクラインのブリーフケースに関する口コミをまとめました。参考にしてください。

・スタイリッシュでありながら機能的でとても気に入りました。
・ポケットの数も多く、リュックのストラップを隠せるところなど、細かなところに機転の利いている製品でした
・シンプルなデザインでかっこよく、何歳になっても使える。
・スタイリッシュでクールで高級感もあり大変満足です。
・使いやすくて、大きさもちょうどよく、かっこいいので選びました。とても良い買い物ができて良かったです。
・お値段もしますが革製の中では軽い方かなと思います。

以上の口コミから、カルバンクラインのブリーフケースはシンプルでスタイリッシュなデザインがかっこよく、機能的でとても使いやすい。また細やかなところに機転が効いていて、何歳になっても使える品であるということがわかります。

カルバンクラインのブリーフケースがおすすめの年齢層

カルバンクラインのブリーフケースがおすすめの年齢層は全ての年齢層です。シンプルでスタイリッシュなデザインなので、どんな方にもおすすめができます。また使われている素材は上質なので、長い間使用していただけます。

カルバンクラインブリーフケースの選び方

良いブリーフケースが欲しいけど、どのように選べば良いのかわからないという方は多いのではないでしょうか。

せっかく購入するのだから失敗はしたくないですよね。いくつかの基準に沿って選べば、良いブリーフケースに出会える可能性が高まります。ここではどのような基準でブリーフケースを選んだら良いのかご紹介します。

TPOを考えて選ぶ

TPOとは、time(時)・place(場所)・occasion(場合)の頭文字を取って作られた和製英語を指し、「時と場所によって服装や言葉を使い分ける」という意味で使われます。時と場合を弁えて検討することが大切という意味です。 使用するブリーフケースは、通勤用なのかミーティング用なのか、それとも商談用なのかということを考えて選ぶことが重要です。

何をどれくらい入れるのか考えて選ぶ

次に何をどれくらい入れるのかを考えて選びましょう。それは使用者の業種や好みによって、荷物の量や何を入れるのかは変わるからです。PCを持ち運ぶのであれば、PC専用の収納スペースがあるものを選ぶのが良いでしょう。また飲み物を持ち運ぶのであれば水筒や500mlのペットボトルを立てて入れられる大きさのブリーフケースがおすすめです。

服装に合わせて選ぶ

まず前提としてブリーフケースとして販売されているものは、スーツスタイル等に合うよう設計されているので、失敗することはありません。しかし、スーツの色やシューズの色に合わせて選ぶことで、より素敵なコーディネートをすることができます。

一般的にスーツの色は、ブラック・ネイビー・グレーが人気です。これらの色のスーツであれば、基本的なブリーフケースの色は合います。ですが、明るめのブラウンのブリーフケースを選ぶときは注意が必要です。ブリーフケースが明るすぎると全体としてコーディネートのバランスが悪くなってしまうからです。

それを防ぐには、シューズの色を明るめのブラウンにすると良いです。そうすることによって、全体のまとまりがでて一層おしゃれに見せることが可能となります。

自立するかどうかで選ぶ

ブリーフケースが自立するものでないと、床に置いたときにパタッと倒れてしまいます。名刺を渡すときにも気を遣ってしまいます。ピシッと床に立ってくれるブリーフケースであれば、そんな心配は必要ありません。また自立するということは、マチがあるということなのでたくさんの荷物を収納することができます。

素材で選ぶ

ブリーフケースの主な素材は、ナイロン・合皮・革の3種類があります。扱いやすさやメンテナンス性といった素材ごとの長所と短所は一長一短だったりします。素材の特性への理解を深めることで、ブリーフケース選びがよりスムーズになります。

まずはナイロンのメリットからご紹介します。ナイロン素材はサイズと種類が豊富です。軽量かつ防水、PC対応や豊富なポケットなど機能性が高いのがポイントです。一方でデメリットは軽く扱いやすいがゆえに、型崩れしやすいです。また防水であったとしても完全防水ではないので、雨の日などに長時間水に濡れていると中の荷物に浸水してしまいます。

次に合皮のメリットをご紹介します。合皮は本革に比べて安いです。その上水に強く雨の日でも安心して使用できます。カラーバリエーションが豊富なので、黒などの定番カラーが飽きた方におすすめです。一方でデメリットは経年劣化が早いため、長期使用することができません。使用頻度にもよりますが、およそ2〜3年で素材が劣化してしまいます。

最後に本革のメリットをご紹介します。本革は使い込めば使い込むほど味が出てきます。こだわりを持って長期間使用したいという方におすすめです。お手入れすれば長持ちします。本革のブリーフケースは雰囲気も抜群なので、できるビジネスパーソンをしっかり演出できます。一方で本体の重量が重いので、中の荷物が重いと総重量がかなりのものとなってしまいます。またオールレザーは価格が高めでこまめなお手入れが必要です。水にも弱いので、革専用の防水スプレーで対応するのが必要があります。

カルバンクラインのブリーフケースは3wayで便利!

持ち手とショルダーストラップが付いた2wayタイプのブリーフケースに、背負うためのベルトをつけたものが、使い道の広い3wayタイプです。リュックとして使用すれば、両手が空くので職場まで自転車通勤しているビジネスパーソンに人気のブリーフケースです。 一方でリュックタイプのブリーフケースが使えないような職場であっても、ブリーフケースとして使用できるので、問題ありません。通常ストラップやベルトは内臓型や取り付け型として付属しているので、ブリーフケースのデザインの邪魔となることがないので安心です。

カルバンクラインのおすすめ人気メンズブリーフケース

カルバンクラインのおすすめ人気メンズブリーフケースをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

まとめ

いかがでしたか。カルバンクラインの歴史や魅力、評判について解説してきました。本記事がブリーフケース選びの参考になれば幸いです。 

関連記事

カルバンクラインの人気バッグ!評判やおすすめの年齢層など幅広く解説!
Calvin Klein(カルバンクライン)の財布を紹介。人気のシリーズや年齢層、ブランドの特徴を解説!
BRIEFING(ブリーフィング)のベルトを徹底解説!ゴルフウェアに合うデザイン・機能性がおすすめ!