Calvin Klein(カルバンクライン)のカフスは結婚式やビジネスでもっとおしゃれを楽しめる!おすすめのカフスや付け方もご紹介!

結婚式などで定番のカフスボタン、ビジネスシーンで付けている方はまだ少数です。いつつけるのか?どこにつけるか?など疑問に感じる方もいらっしゃると思います。そこで今回はカフスボタンが初めての方にもおすすめのCalvin Klein(カルバンクライン)のシルバーカフスをご紹介します。付け方やマナーなども解説するので是非ご覧ください。

カフスボタンとは

カフスボタンとは、ワイシャツやドレスシャツ、ブラウスの袖口を止めるためのアクセサリーのことです。カフリンクスとも呼ばれています。
カフスボタンは小さいながらもとてもインパクトがあります。そのため袖口からちらっと覗くカフスボタンがシンプルなスーツスタイルのアクセントになり、おしゃれで上品な印象を与えてくれます。
豊富なデザインのカフスボタンが販売されており、使うシーンやスーツスタイルに合わせてアクセサリー感覚でおしゃれを楽しむことができます。

カフスボタンの種類

カフスボタンには4つの種類があります。

・スウィヴル式
スウィヴル式のカフスボタンは最も定番の形です。付けやすく落ちにくいため、始めてカフスを購入される方にもおすすめの形です。

・スナップ式
スナップ式のカフスボタンは、カフスが二つに分かれているタイプです。スナップボタンやピアスをイメージするとわかりやすいです。1920年~1940年に流行した形で、アンティークのものが人気です。

・固定式
固定式のカフスボタンは留め具が固定されているタイプです。シンプルな形状で動かず、大きさがぴったり合ったシャツにしか使うことができません。大きすぎるとボタンホールに入らず、小さすぎると抜けてしまうためです。上級者向けのカフスといわれています。

・チェーン式
チェーン式のカフスボタンは、2つのボタンがチェーンでつながっているタイプです。カフスボタンが誕生した17世紀から1920年に使用されていました。

Calvin Klein(カルバンクライン)のカフスをおすすめする理由

Calvin Klein(カルバンクライン)のカフスは、洗練されたフォルムで上品さのあるデザインが特徴的です。
どんなスーツにも合わせられるデザインで、結婚式、ビジネスシーンでもお使いいただけます。ロゴマークである「Calvin Klein」が印字され、スタイリッシュさも兼ね備えています。定番のスウィヴル式カフスのため、はじめてカフスを購入されえる方にもおすすめです。

カフスボタンの付け方

カフスボタンは、シャツの袖口の内側と内側を合わせ、ボタンホールに差し込むことで付けることができます。
普段のボタンの留め方とは袖口の向きが異なるので注意してください。またカフスがつけられないシャツもあるため、ボタンホールの形を確認してください。

カフスボタンの種類ごとの付け方をご説明します。

・スウィヴル式
留め具側の先端をボタンホールに通します。先端を動かしT字に曲げ、固定します。

・スナップ式
2つに分かれたカフスの間に、ボタンホールを挟み固定します。

・固定式
カフスボタンが動かないため、そのままボタンホールに通します。

・チェーン式
固定式のカフスボタンと同様、そのままボタンホールに通して使用します。

結婚式でNGマナーのカフスボタンは?

カフスボタンの主な使用シーンとして多くの方がイメージするのは、結婚式です。お祝いの場なので、普段と違ったおしゃれで華やかなスーツスタイルを楽しみましょう。
基本的に、結婚式でのアクセサリーは自由度が高いですが、避けた方が良いカフスボタンもあります。

・安価な素材のもの
プラスチック製や紐式のカフスボタンは安っぽく見えてしまいます。結婚式はフォーマルな場なので、カジュアルな印象になり過ぎないものを選びましょう。

・チェーン式カフスボタン
チェーン式カフスボタンは、チェーンが見えてしまうため結婚式やビジネスなどフォーマルな場ではふさわしくないとされています。

上記のようなカフスボタンは、結婚式の二次会やカジュアルなシーンでの使用が最適です。

ビジネスでもカフスをつけておしゃれを楽しむには?

カフスボタンは結婚式で使用するイメージが強く、ビジネスシーンではふさわしくないのではない方と考える方もいるのではないでしょうか。
しかし、カフスはスーツアクセサリーの1つです。ネクタイピンやチーフと同様スーツスタイルを華やかにしてくれるアイテムと考えていいでしょう。
カフスボタンを付けていると、「細かいところまで身だしなみを整えている人」と好印象を与えられます。

ビジネスシーンでよりおしゃれにカフスを楽しむために、いくつか注意する点があります。

・シンプルなデザインのカフスを選ぶ
結婚式などで使用するカフスをビジネスの場でも使用すると、どうしても目立ってしまいます。ビジネスシーンでは、カフスがさりげなく見えるシンプルなデザインのものがおすすめです。

・スーツに合わせてカフスを選ぶ
スーツのカラーやネクタイのデザインに合わせて、カフスのデザインを選びましょう。スーツスタイルに統一感が出て、知的でおしゃれな印象になります。
ベーシックなシルバーやブラックのカフスを選ぶと、どんなスーツやネクタイにもマッチします。

・仕事に邪魔にならないものを選ぶ
パソコン作業が多い方は、カフスの素材が柔らかくサイズが小さいものを選びましょう。タイピングの際に机とぶつかって音が鳴ってしまったり、カフスが手首に当たって痛くなってしまうことがあります。
柔らかい素材のカフスは、ゴムや紐式のものがおすすめです。

ご自身の業務内容やスーツスタイルに合ったカフスを選んで、おしゃれで上品なスーツスタイルを楽しみましょう。

Calvin Klein(カルバンクライン)のカフスの相場は1万円~1万5千円

Calvin Klein(カルバンクライン)のカフスの相場は1万円~1万5千円です。カフスを購入される方は、予算を2万円前後に設定される方が多いです。それと比較しても、安い価格設定といえます。
またCalvin Klein(カルバンクライン)のカフスの素材は、ステンレスが使われているため値段よりも高見えします。

【ビジネスにおすすめ】Calvin Klein(カルバンクライン)のシルバーカフス

【結婚式におすすめ】Calvin Klein(カルバンクライン)のシルバーカフス

【プレゼント用に最適】Calvin Klein(カルバンクライン)のシルバーカフス

まとめ

いかがだったでしょうか。今回はCalvin Klein(カルバンクライン)のカフスボタンをご紹介しました。カフスボタンは、スーツアクセサリーとしてまだ主流ではありません。しかし袖からさりげなく見えるカフスの評判は高く、スーツをよりおしゃれに楽しめるアイテムとして活躍してくれます。
Calvin Klein(カルバンクライン)のカフスボタンは、シンプルで上品なデザインのためどんなスタイルにも合わせやすいです。そのためカフスボタンがはじめの方にもとてもおすすめです。ぜひ本記事を参考にご検討してみてください。

関連記事

カルバンクラインの人気バッグ!評判やおすすめの年齢層など幅広く解説!
Calvin Klein(カルバンクライン)の財布を紹介。人気のシリーズや年齢層、ブランドの特徴を解説!
カルバンクラインの人気ショルダーバッグ!魅力や評判、年齢層を解説します
Calvin Klein(カルバンクライン)名刺入れの特徴や年齢層・口コミをご紹介します!