男性が結婚式に持っていくのに最適なカバンを紹介!NG例や選び方を紹介!

結婚式に出席する際に、意外と悩むのがバッグ選びです。 バッグを持たないで手ぶらで参加する方も多いですが、スーツのポケットに荷物が入りきらない場合、バッグを持っていきたいと思う方もいるのではないでしょうか。 でも、そんな時にどんなバッグがマナー違反にならないのかは意外と知られていません。

そこで今回は、結婚式でのバッグのマナーや選び方を解説します!最後に、結婚式にピッタリなおすすめバッグを紹介しているので、ぜひそちらもチェックしてみてください!

男性が結婚式にバッグを持っていくのはNG?

そもそも男性が結婚式にバッグを持っていくのはNGなのでしょうか?
結論からいうと、バッグを持っていくのはマナー違反ではありません。持ち物をスーツのポケットに入れて手ぶらで参加するという方も多いですが、手ぶらでもバッグを持っていくのでも、どちらも正しいといえます。
荷物が多い方は、無理にポケットに入れようとするとスーツの型崩れにもつながるため、最低限の荷物を入れるバッグは必要不可欠となります。

結婚式での持ち物

ここでは結婚式での持ち物を、必需品と持っていると便利なアイテムの二つに分けてご紹介します。

持っていくべき持ち物

・ご祝儀
・袱紗(ふくさ)
・招待状
・財布
・ハンカチ、ティッシュ
・携帯電話

あると便利な持ち物

・カメラ 
・充電器 
・ヘアワックス
・マウスケアアイテム
・ボールペン

結婚式でNGなバッグの特徴は?

結婚式にバッグを持っていくのはマナー違反にはならないと先ほどお伝えしましたが、どんなバッグでも良いというわけではありません。中にはマナー違反になってしまうバッグもあります。
ここでは、できるだけ避けた方が良いバッグを紹介します。

ビジネスバッグ

まず、結婚式に持っていくバッグとして避けた方が良いのはビジネスバッグです。 ビジネスバッグはサイズが大きいため、挙式・披露宴会場へは持ち込むことができません。結婚式の景観が乱れてしまうからです。
また、スーツにビジネスバッグを合わせると仕事帰りのような印象を与えてしまう恐れがあるため、お祝いの場である結婚式には不向きであるといえます。

カジュアルすぎるバッグ

リュックやトートバッグなどカジュアルすぎるバッグもフォーマルな場である結婚式には適していません。スーツにも合わないので避けた方が無難でしょう。

ファーやアニマル柄

お葬式と同様にファーやアニマル柄のバッグは結婚式には不適切です。これらは、殺生を連想されるため縁起が悪いとされています。たとえフェイクだったとしても避けた方が良いでしょう。

結婚式にはクラッチバッグがおすすめ!

男性が結婚式に出席する際におすすめなバッグは、クラッチバッグです。
クラッチバッグは荷物をスマートに収納することができると同時に、スーツとの相性も抜群です。持っているだけで、おしゃれに見せることができ、荷物の問題も解決できるので結婚式に必須のアイテムと言えます。

クラッチバッグとは

クラッチバッグとは、紐などがついていない、直接抱えて持つバッグのことを指します。もともとは、パーティーなど女性がドレスを着る際に合うフォーマルバッグとして作られました。
このことからも、クラッチバッグは結婚式という場にふさわしいバッグといえるのです。

結婚式でのクラッチバッグの選び方

結婚式にはクラッチバッグがおすすめと伝えましたが、クラッチバッグならどれでも良いという訳ではありません。
ここでは、結婚式にふさわしいクラッチバッグの選び方を大きさ・素材・色に分けて解説します。

A4サイズ以下のものを選ぶ!

クラッチバッグには様々な大きさがありますが、結婚式にはA4サイズ以下のものを選ぶのがポイントです。大きすぎると悪目立ちしてしまいますし、持ち運びが不便で邪魔にもなります。
なるべく小さい方がフォーマルな雰囲気になるのでおすすめです。

素材はレザーを選ぶ!

ナイロン素材やキャンバス素材のクラッチバッグは数多く展開されていますが、カジュアル感が強いため結婚式では避けた方が良いでしょう。選ぶべきは高級感があり、スーツのコーディネートにも合わせやすいレザー製のバッグです。
ただ、先ほどもお伝えしたようにファーやアニマル柄のバッグはマナー違反となってしまうので、注意が必要です。

ダークカラーでシンプルなデザインのものを選ぶ!

結婚式に持っていくクラッチバッグは、スーツや靴に合わせた色のものを選ぶのがポイントです。
基本的に結婚式でのスーツや靴はダークカラーですので、クラッチバッグも黒や濃い茶色などのダークカラーを選ぶようにしましょう。 柄は無地でシンプルなものがふさわしいです。
ブランドのロゴなどがはっきりわかるようなものは、フォーマルシーンに向かないので避けるのが無難といえます。

荷物が多い場合はクロークに!クラッチバッグはやはり必須!

基本的に大きな荷物で結婚式に参加するのはふさわしくないとされています。しかし、遠方から参加する方などはどうしても荷物が多くなってしまいますよね。
その場合、大きい荷物は、挙式・披露宴会場には持ち込まず、クロークに預けるようにしましょう。ビジネスバッグで参加する場合も、同じようにクロークに預けます。
そして、大きい荷物とは別にクラッチバッグを一つ用意しておくのがポイントです。お財布やご祝儀などは会場に持ち込まなくてはいけないため、それらを入れるクラッチバッグは必須となります。

結婚式にピッタリなおすすめクラッチバッグ4選

まとめ

いかがでしたでしょうか。 クラッチバッグはうまく選ぶことで、結婚式にふさわしいフォーマルかつ華やかな印象を与えることができます。 ぜひ、ご自身のスーツに合ったおしゃれなクラッチバッグを探してみてください。

関連記事

大学生におすすめクラッチバッグ8選!ダサく見えない選び方とは

結婚式お呼ばれバッグ・サブバッグの選び方とは? マナーとおすすめのバッグを紹介します!