シワになりにくいスーツの持ち運び方を解説!畳み方やシワの取り方も紹介します!

出張でスーツを持ち運ばないといけないけど持ち運び方がわからない!

スーツケースにしまっていたらシワになってしまった!

このような経験はビジネスマンなら一度はあるかもしれません。出張先でもスーツをパリッと格好よく着こなしたいですよね。

そんな方のために今回、スーツの持ち運び方、シワになりにくいスーツの畳み方、スーツのシワの取り方を解説します。最後に、スーツの持ち運びに便利なおすすめのガーメントバッグをご紹介します。

スーツの持ち運びが必要なシーン

スーツの持ち運びが必要なシーンに、出張や冠婚葬祭、就職活動などがあげられます。

わざわざバッグやスーツケースなどに入れて持ち運ばず、そのまま着ていったほうが楽だと思う方もいると思います。 確かにそのまま着ていくのは手っ取り早いかもしれませんが、あまりおすすめはできません。

スーツでの長時間の移動は疲れますし、着ていくからといってシワにならないわけではありません。スーツにシワがつかないように座り方や姿勢にも気を使いますし、気をつけていてもシワになってしまうこともあります。

なのでスーツはできるだけスーツケースやバッグなどに入れて持ち運ぶのが良いでしょう。

ガーメントバッグに入れて持ち運ぶ

ここでは、スーツをガーメントバッグに入れて持ち運ぶ方法についてご紹介します。ガーメントバッグを用いるのは、スーツを持ち運ぶ一番代表的でおすすめしたい方法になります。

なぜガーメントバッグがおすすめ?

そもそもガーメントバッグとは、スーツやコートなどを二つ折りにして手にさげれる携帯に便利なバッグのことです。 ハンガーにかけたままの状態で持ち運ぶことができるため、シワを防止することができます。

また、スーツを埃や汚れ、匂いからも守ることができるのが魅力です。 中には、ガーメントバッグにはスーツだけではなくシャツやネクタイ、ベルトなどの小物も一緒に収納することができるものもあります。

ビジネスマンなら一つは持っておいても損はないものといえるでしょう。

スーツカバーをかけて持ち運ぶ

スーツを持ち運ぶ際に、スーツカバーをかけて持ち運ぶという方法もあります。 この方法は、長時間の移動を伴う出張や冠婚葬祭のときではなく、ちょっとした外出時におすすめの方法になります。

スーツカバーを保管用に使うのは間違い!

スーツカバーは、もともとほこり防止や型崩れ防止ではなく持ち運びを前提として設計されています

スーツにスーツカバーをしてクローゼットにしまっているという人は多くいるかもしれませんが、これはスーツの寿命を縮めてしまっている可能性があります。 スーツカバーを取り付けてクローゼットに収納してしまうと、クローゼット内が窮屈となりシワやツブれの原因となってしまいます。

取り付けたままクローゼットにしまっているという方は取り外して、持ち運び用として使ってみてはいかがでしょうか。

バッグやスーツケースに入れて持ち運ぶ

最後に、バッグやスーツケースに入れて持ち運ぶという方法を紹介します。 スーツケースやバッグに荷物を全てまとめておきたい、できるだけ荷物の数を少なくしたいという方におすすめの方法になります。

バッグ・スーツケースに入れて持ち運ぶなら一工夫を!

荷物をコンパクトにまとめることができるのはメリットですが、ガーメントバッグに入れて持ち運ぶのと比べてシワが付きやすくなってしまうのは事実です。 ただし、畳み方や他の荷物とのバランスを注意することでシワをつきにくくさせることができます。

スーツを収納する際はできるだけ他の荷物と分けるが良いでしょう。スーツと他の荷物が混同してしまうと、シワがつくだけでなくスーツ自体を傷めてしまうこともあります。 荷物を分ける収納スペースがない場合には、畳んだジャケットやパンツをタオルや布で包み、他の荷物との衝撃を軽減させるなどの工夫が必要です。

【男性・女性共通】シワになりにくいスーツの畳み方

ここでは、シワになりにくいスーツの畳み方について解説します。ご紹介する畳み方は、メンズ・レディース共通となります。コンパクトにしながらも折り畳む回数を少なく、ふんわりと畳むことがポイントです。

  • ジャケットのボタンを留める

  • ジャケットを裏返し、背中側が上になるようにする

  • ジャケットの肩幅の真ん中あたりで見頃の中心に向かって折りこむ

  • ③で折った方の袖を袖の付け根のところから③でつくった折り目と並行になるように折る

  • 反対側も同様に折る

  • パンツをセンターラインの折り目が中央に来るように全体を縦二つに折る

  • シワに気をつけながら2回半分に折る

  • ジャケットの上に、畳んだパンツを乗せる

  • 上に乗せたパンツを包み込むようにしてジャケットの裾から折り上げて二つ折りにする

以上がシワのつきにくいスーツの畳み方となります。この畳み方はスーツを収納する場合や持ち運びをする場合など様々なシチュエーションで活用することができます。数分で簡単にできるので、一度流れを覚えておくと良いかもしれませんね。

出先でのスーツのシワの取り方

どんなにスーツの畳み方や持ち運び方に気をつけていても、シワがついてしまうことはあります。ここでは、シワになってしまった時に出先でもできるシワの取り方についての方法をご紹介します。

シワ取りスプレーを使う

まずは、シワ取りスプレーを使う方法です。

シワ取りスプレーは、特殊な液体が繊維に染みることによって繊維の折れを伸ばし、シワがつくのを防ぐ効果があります。スプレーをスーツ全体にかけ、生地を引っ張るように伸ばして、あとは風通しの良い場所にかけておくだけで良いので、最も手軽にシワのケアをすることができる方法といえます。

最近ではコンビニにも並ぶほど需要が高まっています。

浴室に吊るしておく

浴室に吊るしておくという方法もあります。 入浴後の浴室は蒸気が充満しているため、スーツに水分を含ませてシワを伸ばすことができます。ただし、湿気が強すぎるとスーツが濡れてしまうので、換気扇を回しながら吊るすのがポイントです。

極力荷物を増やしたくないという人には、ハンガー一つでできるためおすすめの方法です。

スチームを当てる

浴室に吊るしておくなどの時間がなく、すぐに着ないといけない場合には、アイロンのスチームを当てる方法がおすすめです。 アイロンは、ビジネスホテルなら部屋においてあったりフロントに問い合わせれば借りることができるところもあります。

生地が痛まないように少し離れてかけるのがポイントです。

一つ持っておいて損はない、おすすめガーメントバッグ

極力スーツにシワを付けずに持ち運びたいという人には、ガーメントバッグは必須のアイテムです。出張が多い方は一つは持っておいたほうが良いでしょう。ここではおすすめのガーメントバッグを3つご紹介します。

おすすめガーメントバッグ

まとめ

今回、スーツの持ち運び方、シワになりにくいスーツの畳み方、スーツのシワの取り方について解説しました。出張先でも格好良くスーツを着るためにも、シワになりにくいスーツの持ち運び方を心掛けてみてはいかかでしょうか。

関連記事

出張や冠婚葬祭で大活躍!ガーメントバッグのおすすめを紹介

結婚式お呼ばれバッグ・サブバッグの選び方とは? マナーとおすすめのバッグを紹介します!

【2021年最新】ビジネスパーソンに人気のスーツケースをご紹介!