【2021年版】スーツケースの人気ブランド15選!

旅行したくてうずうずしている方に向けて、スーツケースのおすすめ人気ブランドをご紹介します。スーツケースと一口に言っても数多くの種類があるため、どのように選んだらいいのか迷ってしまう方も少なくありません。ブランド製品であれば、幅広いサイズを展開しているので、自分の欲しいスーツケースのサイズを見つけることができます。また期間保証がついていることも多いので、故障を気にせず使えます。本記事は誰でも使えるシンプルなスーツケースや、定番のおすすめ人気ブランドを数多くご紹介します。

スーツケースのおすすめ人気ブランド

ここでは、スーツケースを販売している人気のブランドを15社ご紹介します。好みのブランドがきっと見つかるので、ぜひ参考にしてください。

人気の定番スーツケースブランド「MILESTO(ミレスト)」

MILESTO(ミレスト)は1995年に東京で設立された、大人の旅を応援するトラベル系ブランドです。スーツケースや旅行用バッグはもちろんのこと、携帯用スリッパやトラベルポーチ、アイマスクなどの旅行アイテムを幅広く扱っています。空港やショッピングセンターで取り扱われているため、旅行好きの方々の間では有名なブランドです。 MILESTO(ミレスト)の特徴は、シンプルなデザインが多く、飽きのこないアイテムが中心です。また耐久性や軽量性に定評があり、旅行者のことをよく考えて作られたアイテムばかりです。その上、発色の鮮やかなカラーバリエーションが準備されており、旅行気分をルンルンにしてくれます。 MILESTO(ミレスト)の購入層は幅広いです。メンズ、レディースともにアイテムを展開していることに加えて、シンプルなデザインや多くのカラーバリエーションが、たくさんのファンを獲得しているからだと考えられます。 MILESTO(ミレスト)の価格帯は、基本的にリーズナブルに抑えられています。スーツケースは3万円前後、バッグ類は1万円前後、スーツケースベルトやネックピローなどのトラベルアイテムは、1000円から販売されています。

人気の定番スーツケースブランド「LANVIN en Bleu(ランバンオンブルー)」

LANVIN en Bleu(ランバンオンブルー)は2004年に設立された、日本人向けのファッションブランドです。メインラインのランバンは、フランスで創立された歴史あるブランドです。メンズ、レディースの両方を取り扱っており、シャツやパンツなどのウェアだけではなく、スーツケースやバッグなどの小物アイテムを幅広く展開しています。 LANVIN en Bleu(ランバンオンブルー)の特徴は、ファッションの本場パリの伝統的なエッセンスを存分に生かした、上品な雰囲気を持ち合わせている点が挙げられます。ブランドコンセプトは「シックと生意気」で、相反する概念がうまく融合されており、絶妙な存在感がランバンオンブルーの特徴です。 LANVIN en Bleu(ランバンオンブルー)の購入層は20代〜50代と幅広いです。落ち着いたカラーリングを採用していることに加えて、上品なデザインが多くの世代に愛される理由でしょう。 LANVIN en Bleu(ランバンオンブルー)の価格帯はスーツケースが3万円前後、バッグや財布が2万円前後、名刺入れなどのファッションアイテムは1万円前後で販売されています。

人気の定番スーツケースブランド「BRIEFING(ブリーフィング)」

BRIEFING(ブリーフィング)は、1998年に日本で創立されたラゲッジブランドです。企画と販売は日本でされていますが、製造はアメリカで行われています。徹底したミニマリズムを追求しており、製品に無駄がありません。またデザインがシンプルで、人を選ばず誰でも使いやすい見た目から、多くの男性の支持を集めています。 BRIEFING(ブリーフィング)の特徴は、米国防省が定めたミルスペックという、厳しい軍規格の基準をクリアしている点です。ミルスペックの基準をクリアした製品は、北極や南極、宇宙空間や深い海底などの極地で100%のパフォーマンスを発揮できるように製造されています。 BRIEFING(ブリーフィング)の購入層は、20代〜50代の男性と幅広いです。他のブランドにはない無骨なデザインが、多くの男性に支持されています。 BRIEFING(ブリーフィング)の価格帯は、スーツケースが8万円前後、バッグが3万円〜4万円、キャップやポーチなどの小物は1万円前後で販売されています。

人気の定番スーツケースブランド「SALON de RUBAN(サロン ドゥ リュバン)」

SALON de RUBAN(サロン ドゥ リュバン)は、日本で設立された女性向けのファッションアイテムを展開しているブランドです。「スニーカーにも合う、カジュアルな女の子らしさ」をコンセプトに製品作りをしています。 SALON de RUBAN(サロン ドゥ リュバン)の特徴は、コストパフォーマンスが高いことに加えて、デザイン性が高く、カジュアルシーンにも取り入れやすい点が挙げられます。可愛らしさと大人っぽさという反対の概念をうまく表現している、まさに女性のために作られたアイテムが盛りだくさんです。 SALON de RUBAN(サロン ドゥ リュバン)の購入層は、20代〜50代の女性です。万人に愛されるポップなデザインが幅広い世代に愛される理由です。 SALON de RUBAN(サロン ドゥ リュバン)の価格帯は、スーツケースが1万円〜、バッグが3000円から展開されています。

人気の定番スーツケースブランド「OROBIANCO(オロビアンコ)」

OROBIANCO(オロビアンコ)は1996年に、イタリア・ミラノの近くにあるガララーテという街で創立されました。素材、縫製、パーツの全てがメイドインイタリーで、強いこだわりが感じられるブランドです。 OROBIANCO(オロビアンコ)の特徴は、高い機能性と品質が挙げられます。荷物が効率よく収納できるようにバッグの内外に多くのポケットが用意してあります。またイタリアの職人による縫製は強度も高く、長期に渡って活躍できる製品が多いです。 OROBIANCO(オロビアンコ)の購入層は、20代〜50代の男性が多いです。オロビアンコのアイテムはフォーマルなデザインが多いため、ビジネスシーンでも使用できます。そのため、仕事に力を入れている20代〜50代の男性に人気があります。 OROBIANCO(オロビアンコ)の価格帯は、スーツケースが5万円前後、バッグが3万円前後、ベルトなどのファッションアイテムは1万円前後から販売されています。

人気の定番スーツケースブランド「KANGOL(カンゴール)」

KANGOL(カンゴール)は1938年にイギリスで創立された、イギリスのファッションブランドです。ビートルズやダイアナ元妃も愛用していたと言われています。また、コムデギャルソンやキャサリンハムネットなどとコラボをして、世間の注目を集めています。 KANGOL(カンゴール)の特徴は、英国御用達のブランドということもあり、上品かつトラディショナルなデザインという点が挙げられます。またカラーバリエーションが豊富なので、好みの色がきっと見つかります。 KANGOL(カンゴール)の購入層は、10代〜30代の男女が中心です。ファッションに敏感な若い方達から人気を集めています。 KANGOL(カンゴール)の価格帯は、スーツケースが1万円5000千円程度、バッグと帽子などのファッション小物は五千円前後で販売されています。全体的に手の届きやすい価格帯です。

人気の定番スーツケースブランド「Lee(リー)」

Lee(リー)は1889年に、ヘンリー・デヴィッド・リー氏によってアメリカのカンザス州で創立されました。創立当時はジーンズブランドではなく、食品と雑貨の卸売をしていました。1911年にデニムの製造を始めた後、ハリウッドスターのジェームス・ディーン氏が映画「理由なき反抗」でLee(リー)のジーンズを着用しました。それがきっかけで爆発的に人気が出ました。 Lee(リー)の特徴は世界中で人気があり、性別・世代を問わず多くの方に支持されている点が挙げられます。普段からデニムを着用する方であれば、知らない方はいない有名ブランドです。 Lee(リー)の購入層は、10代〜40代です。一方で、品質の高さからシニア層にも愛用している方が存在します。 Lee(リー)の価格帯は、スーツケースが1万5000円前後、ジーンズが1万円前後、バッグ等が5000円〜1万円程度です。

人気の定番スーツケースブランド「INNOVATOR(イノベーター)」

INNOVATOR(イノベーター)は1969年に創立された、北欧スウェーデンが発祥のブランドです。創立を始めたばかりのときは、家具作りの事業をしていました。既成概念に囚われることなく、常に自分らしいライフスタイルを創造するというブランドコンセプトのもと、製品作りを行っています。 INNOVATOR(イノベーター)の特徴は、スーツケースのボディに刻まれた、イノベータークロスというインパクト大の、クロス模様です。それに加えて、独特なカラーバリエーション、シンプルかつ合理的に考えられたデザインが挙げられます。他のブランドとは、デザインと一線を画していることから、ファッションに敏感な若い世代から人気があります。 INNOVATOR(イノベーター)の購入層は、幅広く20代〜50代です。特に若い世代の購入者が多いです。 INNOVATOR(イノベーター)の価格帯は、スーツケースが2万円前後、リュックが1万5000円〜、傘が5000円程度です。

人気の定番スーツケースブランド「FILA(フィラ)」

FILA(フィラ)は、1911年にイタリアで創立されたスポーツブランドです。ウェアやシューズ、スーツケースなど、幅広い商品を展開しています。「Fun Feel Life」というコンセプトをもとに製品作りを行っています。 FILA(フィラ)の特徴はカラー、デザインともにシンプルな点が挙げられます。また、スポーティー感とカジュアル感の両方を演出できるので、多彩なファッションを楽しむことができます。 FILA(フィラ)の購入層は、10代〜60代と幅広いです。最近は、韓国の人気アイドルBTSをイメージキャラクターに設定したり、新世紀エヴァンゲリオンとコラボして若者向けのマーケティングを積極的に行っています。そのため、若年層からの人気が高いです。 FILA(フィラ)の価格帯は、スーツケースが1万5000円前後、リュックが5000円〜販売されています。

人気の定番スーツケースブランド「Dickies(ディッキーズ)」

Dickies(ディッキーズ)は1922年にアメリカで創立されたワークカジュアルブランドです。メンズ・レディース・キッズをはじめ、バッグやスーツケースなど幅広いアイテムを取り扱っています。 Dickies(ディッキーズ)の特徴は、高い機能性と耐久性です。もともとは働く人の作業環境を考慮した製品を作っていたので、そのDNAを受け継いだ製品が作られています。 Dickies(ディッキーズ)の購入層は、全世代です。シンプルなデザインに加え、丈夫で壊れにくい、さらには高いコストパフォーマンスが消費者に支持されています。 Dickies(ディッキーズの価格帯は、スーツケースが2万円前後、バッグは5000円前後です。

人気の定番スーツケースブランド「CONVERSE(コンバース)」

CONVERSE(コンバース)は1908年にアメリカのマサチューセッツ州で創立された、スニカーブランドです。世界で初めてバスケットボール専用のスニーカーを作成したことで有名です。 CONVERSE(コンバース)の特徴は、星型のトレードマークです。これを見ただけでCONVERSE(コンバース)だとわかるほどの存在感です。 CONVERSE(コンバース)の購入層は、10代〜60代まで幅広いです。どんな人でも似合う普遍的なデザインが人気です。 CONVERSE(コンバース)の価格帯はスーツケースが1万5000円前後、バッグが5000円前後、キャップが3000円前後です。

人気の定番スーツケースブランド「OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)」

OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)は、1973年にアメリカで創立されたアウトドアグッズのブランドです。取り扱われている商品の幅が広く、スーツケースやバッグ、アパレルやレイングッズなどが代表的です。ブランドのコンセプトは、「お客様の要望を最優先に」です。このコンセプトをもとに製品作りが行われています。 OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)の特徴は、豊富なカラーバリエーションです。それに加えて、「OUTDOOR」という大きなロゴがバッグの目立つところにプリントされています。 OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)の購入層は、コストパフォーマンスが高いということから、学生や若い社会人が中心です。一方で、デザイン自体はシンプルなため、どの年代の方でも気にせず使用することが可能です。 OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)の価格帯は、スーツケースが1万5000円前後、バッグが1万円前後で販売されています。

人気の定番スーツケースブランド「ace.(エース)」

ace.(エース)はトラベル専用のバッグ・ラゲージだけではなく、ビジネスやカジュアルシーンでも活躍できる製品を取り扱っています。 ace.(エース)は、一般の旅行者をターゲットにしたレーベルの「ace.TOKYO(エーストーキョー)」とビジネスマンをターゲットにしたレーベルの「ace.GENE(エースジーン)」の2種類のレーベルがあります。 ace.(エース)の購入層は、スーツを着こなし仕事を頑張るすべてのビジネスマンです。社会人になりたての方にも、ベテランの方にも似合うデザインです。 ace.(エース)の価格帯は、2~3万円程度です。

人気の定番スーツケースブランド「ProtecA(プロテカ)」

ProtecA(プロテカ)は、エースが展開する最も人気の高いスーツケースブランドです。北海道にある赤平工場で作られており、メイドインジャパンにこだわって作られたブランドです。また3年間の回数無制限の保証がついているので、安心して使用できます。他ブランドとの大きな違いは、航空会社による破損や、その他の運搬中の破損についても保証ができる点です。高い品質を誇るProtecA(プロテカ)だからこそできる保証です。 ProtecA(プロテカ)の特徴は、持つ人を選ばないスタイリッシュなデザインが挙げられます。使うシーンを選らばないので、プライベートでもビジネスでも使用可能です。 ProtecA(プロテカ)の購入層は、旅行が好きなすべて方です。機能性が高く、豊富なデザインとカラーリング、安心のアフターサービスがついていることから、旅行意識の高い方に向けて作られていることがわかります。男性用のみならず、女性用のモデルも販売されています。 ProtecA(プロテカ)の価格帯は約4万円~8万円です。海外ブランドのスーツケースと比べると比較的安価なので、手の届きやすい価格帯だといえます。

人気の定番スーツケースブランド「World Traveler(ワールドトラベラー)」

World Traveler(ワールドトラベラー)はエース(ACE)が展開するブランドの中で比較的リーズナブルな価格帯のブランドです。機能性、デザイン性ともに優れているのにもかかわらず、お手軽な価格で販売されているので、手の出しやすい製品ラインだといえます。 World Traveler(ワールドトラベラー)の特徴は、価格以上の耐久性と軽量性があげられます。エースのプライベートブランドということもあり、使用者のことが徹底的に考えられた高い機能性を誇ります。 World Traveler(ワールドトラベラー)の購入層は、10代~60代と幅広いです。高品質であることに加えて、比較的押さえられた価格帯に消費者は魅力を感じるのでしょう。 World Traveler(ワールドトラベラー)の価格帯は2万円~3万円です。

人気の定番スーツケースブランド「HaNT(ハント)」

HaNT(ハント)は女性のためのスーツケースを作るために開始されたブランドです。開発に関わっているのは、エースの女性社員のみです。女性が作ったからこそ、他のスーツケースにはない素敵な機能がたくさん詰まった、大変便利なスーツケースです。HaNT(ハント)は「Have a Nice Time」の頭文字を取ってつけられました。 HaNT(ハント)の特徴は、3つあります。 まず1つ目は、スーツケースのシルエットについてです。スーツケースを持つ人がスタイリッシュに見えるように、シルエットは角ばっています。角ばった直線的なシルエットにすることで、すっきりとしたシャープな印象を相手に与えることができます。 次に2つ目は、内装についてです。内装にはこだわりがたくさん詰まっています。中身が見えないように布地が使われています。そのため、空港などの人目があるとこで荷物の整理をしないといけないような場面でも、安心して荷物の整理ができます。またその布地は、花柄などのかわいいプリントがされています。外側だけでなく、内側までもかわいいデザインです。 最後に3つ目は、旅を安全で快適にしてくれる機能についてです。キャスターストッパーという機能がついているため、電車やバスに乗る場面でも、スーツケースが動きません。そのため、両手が空きスマホを確認したり、ガイドブックを見たりすることができます。 HaNT(ハント)の購入層は、旅行が好きな全ての女性です。エースの女性社員が、本当に欲しいと思うスーツケースを作るために立ち上げられたブランドなので、女性たちから絶大な人気を誇っています。 HaNT(ハント)の価格帯は2万円~3万円程です。見た目だけではなく、機能性にもこだわって作られたスーツケースなので、妥当な価格帯でしょう。

まとめ

いかがでしたか。15種類のおすすめ人気ブランドをご紹介しました。お気に入りのブランドは見つかりましたか。どのブランドも素敵なスーツケースを多数取り揃えています。一生思い出に残る旅行をともにするアイテムなので、どうしても決めるのが難しいですよね。本記事を参考に、満足のいくスーツケース選びをしていただけたら幸いです。

関連記事

【2021年版】スーツケースのおすすめをご紹介!選び方や人気ブランドを解説!
頑丈なスーツケース!キャスターやボディが丈夫な最強の商品を紹介します
修学旅行で人気のスーツケース(キャリーバッグ)中学生と高校生の男子・女子別でご紹介
キャラクター入りのスーツケースをご紹介!ムーミンやサンリオキャラが登場!
人気の旅行バッグとは?メンズ・レディース用のおすすめバッグを日数別でご紹介!
旅行にぴったりなトートバッグ!一泊旅行からお泊り用のバッグまでご紹介!