【2021年版】スーツケースのおすすめ!選び方や注目ブランド、機内持ち込みの注意点を解説

旅行や出張の際、欠かせないアイテムであるのがスーツケースです。中の荷物を安全に運びたいけれど、どのサイズを選択すれば良いのか分からない方や、おしゃれを楽しみながら旅行したいという方が多いのではないでしょうか。
そこで今回は、おすすめのスーツケースをご紹介します。また、スーツケースの種類や選び方などの詳しい解説を記載しています。是非、参考にしてみて下さい。

Contents

【フレーム別】スーツケースの種類

スーツケースを選ぶ際のポイントは3つあり、それぞれフレーム、ボディ材質、ボディ加工です。基本的には機能性とデザイン性が求められることが多いのですが、今回はフレームについて紹介します。 スーツケースを購入する際にこだわりたい点は「軽くて頑丈」と答える方が多いのではないでしょうか。この軽くて頑丈を構成する上で欠かせないものがスーツケースのフレームです。スーツケースにはアルミのフレームと、マグネシウムのフレームがあり、順に説明していきます。

アルミフレーム

まずはアルミフレームの説明をします。アルミフレームは主に1万円〜2万円のスーツケースで使われることが多く、比較的安価で入手できますが強度はマグネシウムフレームに劣ります。

マグネシウムフレーム

マグネシウムフレームは一般的には3万円〜10万円以上で販売されているものが多いので高価ですが、頑丈で軽いのが特有のポイントです。スーツケースのフレームが壊れてしまうと、出張先や旅行先で荷物が開けられなくなるトラブルに見舞われることもありますが、マグネシウムフレームを利用することでその可能性が低くなります。

【ボディ材質別】スーツケースの種類

スーツケースの種類は主に3つに分けられます。 それは、ソフトケースとハードケース、トランクタイプです。
それぞれメリットとデメリットがありますので、そこも含めて詳しく解説します。

ソフトケース

ソフトケースのメリットは軽さや安値、汚れの目立ちにくさ、外ポケットが装備されていることです。布地で作られているのでハードケースよりも圧倒的に軽く、またその分安値で購入できます。基本的にソフトケースは黒・茶系の色が多いので、汚れも目立ちにくいです。 更に外付けされているポケットはハードケースには無い特徴で、チケットや書類の入ったファイル、パスポートなどの収納ができます。毎回鍵を使って開ける必要がないので大変便利です。
ソフトケースのデメリットは防水性と選択肢の無さです。スーツケースが布製なので、完全に防水することはできません。またスーツケースの醍醐味として独自のデザインを思い浮かべる方も多いと思いますが、ソフトケースの場合は色や形が基本的に限定されているので選択肢が狭まれます。

ハードケース

ハードケースのメリットは頑丈性やデザイン性、TSA対応の鍵が装備されている点です。ソフトケースに比べて硬く頑丈に作られているのでセキュリティ対策も万全で、ある程度の衝撃が加えられても中の荷物に影響が及びにくいです。 またカラーの制限がなく、デザイン性溢れる商品が多いのでこだわりあるスーツケースを選択することができます。 更に、アメリカに渡航する際は基本的に鍵を施錠しないように定められていますが、TSA対応の鍵が装備されている場合は施錠しても可能です。中の荷物が心配という方も安心して荷物を預けることができます。 ハードケースのデメリットは重量と傷の目立ちやすさです。ハードケースは頑丈に作られているため、比較的ソフトケースよりも重いです。最近では超軽量タイプのハードケースが販売されていることもありますが、その分費用が多く掛かります。 また傷が目立ちやすいこともハードケースのデメリットです。特に空港での荷物移動の際に汚れが付いたり凹んだりする可能性が高いです。

トランクタイプ

トランクタイプのメリットは、クラシックなデザインと高級感です。素材は合皮か本革を使用しており、ソフトケースやハードケースとは違ってクラシックな印象を与えてくれます。そのデザイン性の高さから女性に人気です。 また反対にデメリットも存在します。合皮の場合は劣化が早いこと、本革の場合は高価格帯であることです。合皮の寿命は約3年と言われており、すぐに劣化してしまいます。また、本革は高価格で手入れも必要であるため、購入したいけど手を出しにくいという方が多いようです。 しかし最近は、トランクタイプのデザインを真似たハードケースやソフトケースが販売されており、そちらを購入する方も多いです。

【ボディ加工別】スーツケースの種類

次に注目すべきポイントはスーツケースのボディの表面加工です。大きく2種類に分けることができエンボス加工(マット加工)ミラー加工(鏡面加工)があります。これらはスーツケースのデザインを決める上で重要な役割を果たしているのでそれぞれ特有のポイントを順に説明していきます。

エンボス加工(マット加工)

エンボス加工とは表面に凹凸をつけた加工を指し、この凹凸があることで傷をつきにくくしてくれるメリットがあります。鏡面加工のような光沢感はありませんが、少しでも傷を目立たないようにしたい方におすすめです。

ミラー加工(鏡面加工)

ミラー加工とは鏡のような光沢感のある加工を指し、高級感と美しいツヤがあります。エンボス加工と比べると傷が付きやすいですが、そのツヤを活かしてカラフルな仕上がりにすることが可能でデザイン性溢れる商品が多いです。

おすすめのスーツケースの選び方

ここからはスーツケースの選び方について解説します。3つの選び方をご紹介するので、参考にしてみてください。

旅行の滞在期間から選ぶ

旅行の滞在期間から選ぶのが1番おすすめです。旅行の滞在期間によって、スーツケースの大きさが変わってしまうため、まず自分が何日間、旅行をするのか把握してスーツケースを選びましょう。

ボディの軽さとキャスターのスムーズさから選ぶ

最初からスーツケースに入れる荷物が多いと分かっている方はボディそのものが軽いスーツケースを選ぶようにしましょう。少しでも軽いスーツケースを購入しようとするとその分費用が掛かりますが、ボディが軽くなると旅行先での移動負担はかなり軽減されます。 加えてキャスターのスムーズさも移動の負担を減らす重要な要素です。今までに、真っ直ぐ進みたいのにキャスターが進行方向に動かず苦労された方も多いのではないでしょうか。荷物が少ないならまだしも、大量の荷物を入れたスーツケースを持って帰宅している途中にキャスターが上手く使いこなせなくなってしまうと、快適な旅行が台無しになってしまいます。少しでも負担を減らすためにも、キャスターがスムーズに動くかどうかを購入する際にチェックしましょう。

人気のデザインとカラーから選ぶ

またデザインやカラーも選択する上で重要な要素の1つです。せっかくの旅行を楽しむには、気分を高めてくれるデザインやカラーのスーツケースが良いです。 スーツケースのデザインは、先ほど説明したエンボス加工やミラー加工(鏡面加工)があります。女性の方はデザインを重視する方が多く、ミラー加工(鏡面加工)が人気です。 カラーは好みに合わせて選びましょう。好きなカラーのスーツケースであれば、楽しい旅行をさらに盛り上げてくれるのではないでしょうか。

スーツケースを機内持ち込みする際の注意点

スーツケースを機内に持ち込む際は、サイズに注意しましょう。飛行機の機内に持ち込めるサイズは決まっているため、大きいサイズのスーツケースは持ち込むことができません。また、国内線と国際線でサイズの規定が違いますので、そこも含めてそれぞれ解説します。

国内線

まずは国内線を利用する際の機内持ち込みサイズについて説明します。国内線では20~30L/10kgまでが目安となっています。ただし飛行機の座席数が100席未満か100席以上かでサイズの規定が異なるので注意しましょう。 ANAの場合は100席以上の場合だと、荷物3辺(縦・横・高さ)の和が115cm以内かつ3辺それぞれの長さが55cm×40cm×25cmと定められています。また100席未満の場合だと、3辺の和が100cm以内かつ3辺それぞれの長さが45cm×35cm×20cm以内と定められています。

参照:全日本空輸株式会社(ANA) 国内線 機内に持ち込めるサイズとルール

国際線

次に国際線を利用する際の機内持ち込みサイズについて説明します。国際線では必ず機内持ち込みサイズを確認して選ぶように心がけましょう。ANAの場合だと荷物3辺(縦・横・高さ)の和が115cm以内かつ3辺それぞれの長さ55cm×40cm×25cmであり荷物の総重量は10kgまでと指定されていますが航空会社によって微妙に異なることがあります。例えばLCC(格安航空会社)では重量制限が7kg以内になっている会社もあるので、国際線を利用する際は事前に荷物サイズの確認を心掛けるようにしましょう。

参照:全日本空輸株式会社(ANA) 国際線 機内に持ち込めるサイズとルール

スーツケースのサイズの測り方

各目的に応じたスーツケースのサイズについて言及してきましたが、皆さんはスーツケースのサイズの測り方について把握していますでしょうか。この測り方が間違っていると空港の荷物検査をクリアできずに、追加で荷物の預け代金を払わなければならないケースが発生してしまうことがあります。 これからスーツケースの測り方について詳しく説明するので是非参考にしてみてください。 国内線・国際線・各航空会社でスーツケースのサイズは縦×横×高さの3辺によって定められていると先ほど説明しました。この中で大きさを測る際に困るのは高さではないでしょうか。スーツケースには持ち手とキャスターが付いているのでどこから測り始めれば良いのか分からないという方も多いです。 結論から申し上げますと、高さは持ち手とキャスターを含めて測る必要があります。持ち手からキャスターまでを含んだサイズのことを総外付といい、飛行機に搭乗する時はこの総外付が必要です。また持ち手は最短に縮めて測るようにしましょう。

【機内持ち込み可能】おすすめスーツケース

機内持ち込み可能のおすすめのスーツケースをご紹介します。 機内持ち込み可能なサイズのスーツケースは、短期間の旅行や出張に適しています。また小さいサイズであるため、持ち運びも楽です。

【1日~3日の旅行】おすすめスーツケース

1~3泊用スーツケースのサイズについて紹介します。基本的にスーツケースのサイズを選ぶ際の目安は、1泊=10リットルといわれています。ただし旅行中のケースを考えると、お土産の量が増えることや渡航先での買い物等があるので、ちょうど10リットルでは足りない可能性が考えられます。よって1泊2日の旅行であれば少し余裕を持って、15~25リットルが推奨サイズと言えるでしょう。

【3日~5日の旅行】おすすめのスーツケース

3~5泊の場合も同様に、41~60リットルのスーツケースを目安に選ぶようにしましょう。3泊以上になると中期滞在型サイズと呼ばれるスーツケースが必要で、重量は基本的に4.8kg以内のものを推奨します。日本からは、グアムや東南アジアに旅行に行かれる方がよく購入しています。

【5日~7日の旅行】おすすめのスーツケース

5~7泊の場合も同様に、61~80Lのスーツケースを目安に選ぶようにしましょう。こちらは長期滞在型サイズとも呼ばれており、重量は5.2kg以内に抑えるようにしましょう。ハワイやオーストラリアなどに旅行に行かれる方が購入しています。

 

【8日~2週間の旅行】おすすめのスーツケース

8泊~2週間の旅行の場合、80~100Lのスーツケースを目安に選ぶようにしましょう。1週間以上の旅行であるため、かなりの荷物を持っていく必要があります。アメリカやイギリスなどに短期ホームステイをする方が購入しています。

【2週間以上】おすすめのスーツケース

2週間以上の旅行の場合は、100L以上のスーツケースを選ぶようにしましょう。長期間に渡って海外旅行をする方や留学生などが購入しています。サイズ容量が増えるにつれてスーツケースの値段も大きく変わるので無駄な出費にならないよう、今必要な適量サイズを把握しておく必要があります。

【人気カラー】おすすめのスーツケース

スーツケースの色を決めるのに、迷っている方が多いのではないでしょうか。そんな方のために、スーツケースの人気カラーランキングをご紹介します。このランキングを是非、参考にしてみてはいかがでしょうか。

1位 ネイビー

1位はネイビーでした。ブルー系の色の中でも一番落ち着いている色で、大人っぽい印象を与えてくれるのが特徴です。また、汚れが目立たない色なので非常におすすめです。

2位 ブラック

2位はブラックでした。ブラックが一番人気だと考えていた方が多いのではないでしょうか。ブラックもネイビー同様、大人っぽい印象を与えてくれる点や汚れが目立たない点などのメリットがあります。

3位 ホワイト

3位はホワイトでした。ホワイトはどんなコーディネートにも合う色で、おしゃれな印象を与えてくれます。そのため、ホワイトのスーツケースは非常に人気です。 しかし、注意する点があります。それは汚れが目立ちやすいという点です。汚れに敏感な方はホワイトを選ぶのはやめておきましょう。

【2021年トレンドカラー】おすすめスーツケース

2021年トレンドカラーのスーツケースを選んでみてはいかがでしょうか。2021年の旅行がきっと楽しいものになるはずです。是非、参考にしてみてください。 トレンドカラーには、春夏のカラー秋冬のカラーの2つに分かれています。そのため今回は、春夏と秋冬のそれぞれから2つのトレンドカラーをご紹介します。

春夏トレンドカラー 明るいイエロー

春夏トレンドカラーの1つが明るいイエローです。明るくパッとした印象があり、明るい未来を想像することができる色です。 

春夏トレンドカラー 淡いピンク

もう1つの春夏のトレンドカラーは淡いピンクです。ピンクの中でも、落ち着いた雰囲気の色であるため、やさしい印象を与えてくれます。また、コーディネートに取り入れても目立つことなくおしゃれに魅せてくれます。

秋冬トレンドカラー 濃いブラウン

秋冬トレンドカラーの1つは濃いブラウンです。ブラック同様、落ち着いた雰囲気を醸し出している色です。また、濃いブラウンのスーツケースは、使用されている方が少ないため、他のスーツケースと区別しやすいのが特徴です。

秋冬トレンドカラー 厚みのあるグリーン

もう1つの秋冬トレンドカラーは厚みのあるグリーンです。グリーン系の色の中でも、落ち着いた色であるため、コーディネートに取り入れやすいのが特徴です。

人気ブランドのおすすめ高級スーツケース

サックスバーが選ぶ人気ブランドのスーツケースをご紹介します。 どのブランドのスーツケースも、人気が高く愛用者が多くいらっしゃいます。参考にしてみてはいかがでしょうか。

下記に、人気ブランドのスーツケースについて詳しく解説している記事がございますので、ぜひご活用ください。

コスパ良くて安い!1万円以下のおすすめ人気スーツケース

安くてコスパ抜群のスーツケースを紹介します。今までにせっかく高いスーツケースを購入したものの数回程度しか使っておらず、勿体無い経験をされた方は多いのではないでしょうか。また海外の空港では荷物が雑に扱われてしまい、高いお金をはらってスーツケースを新調したのに直ぐに傷が付いてしまったというケースも多いようです。 しかし比較的値段が安いスーツケースなら使用頻度が低くても、多少傷が付いてもあまり気にならないのではないでしょうか。そこで今回は1万円以内で耐久性の優れた人気の高いスーツケースを紹介します。安さ・コスパ重視の方は必見です。

ビジネス・出張用のおすすめ人気スーツケース

ビジネス・出張用のスーツケースをご紹介します。 ビジネス・出張用のスーツケースを選ぶ際は注意が必要で、色や機能性、サイズに気をつかう必要があります。 まず色は、ダークカラーを選びましょう。例えば、「ブラック」、「ネイビー」、「シルバー」です。次に、機能性です。丈夫なスーツケースを選びましょう。ノートパソコンなど電子機器を持ち運びため、頑丈さが重要です。 最後にサイズです。小さめのサイズのスーツケースを選びましょう。短期出張の場合は、機内持ち込み可能なサイズのスーツケースが良いです。荷物を預ける時間や受け取る時間を省くことができるためです。

修学旅行用のおすすめ人気スーツケース

修学旅行用のおすすめスーツケースをご紹介します。 修学旅行用のスーツケースは、なるべく軽いものが良いです。修学旅行では移動が多いため、重いスーツケースは持ち運びが困難になってしまいます。 またスーツケースの種類は、ハードケースが良いです。ハードケースは防犯や耐久性に優れていますので、安心して修学旅行を楽しむことができます。

下記に、修学旅行用のスーツケースについて詳しく解説している記事がございますので、ぜひご活用ください。

女性向けのおしゃれで可愛いおすすめのスーツケース

かわいいデザインのスーツケースをご紹介します。 女性の方なら誰しも、かわいいデザインのアイテムに惹かれると思います。そこで数あるスーツケースの中から、かわいいデザインのアイテムを選びました。是非、参考にしてみてください。

下記に、かわいいデザインのスーツケースについて詳しく解説している記事がございますので、ぜひご活用ください。

メンズ向けのかっこいいおすすめ人気スーツケース

かっこいいデザインのスーツケースをご紹介します。 男性の方なら誰しも、かっこいいデザインのアイテムに惹かれると思います。そこで数あるスーツケースの中から、かっこいいデザインのアイテムを選びました。是非、参考にしてみてください。

【レディース用】おすすめのスーツケース

女性用のおすすめのスーツケースをご紹介します。

【メンズ用】おすすめのスーツケース

男性用のおすすめのスーツケースをご紹介します。

キャラクター入りの可愛いおすすめスーツケース

キャラクター入りのおすすめのスーツケースをご紹介します。 キャラクター好きな方であれば、キャラクター入りのアイテムが欲しいものです。そこで数あるスーツケースの中から、キャラクター入りのスーツケースを選びました。ムーミンやスヌーピーが描かれています。是非、参考にしてみてください。

 

片面開きのスーツケースはパッキングがしやすい!

スーツケースの選び方や種類、おすすめのスーツケースについてご紹介していましたが、実はスーツケースはそれぞれ片面開きと両面開きに分類されることをご存知でしょうか。ソフトケースに多くパッキングがしやすい、片面開きのスーツケースについて紹介します。

収納がしやすい

片面開きは収納がしやすいという点で優れています。両面開きの場合は収納スペースが分割されている一方、片面開きは収納スペースが分割されていないのでスペースを広く活用することができ、比較的大きな荷物の出し入れもスムーズに行うことが可能です。 よって電車や空港等の移動中でも、荷物を簡単に取り出すことができるのでおすすめです。 デメリットは防犯性が両面開きと比べて劣っている点と、衝撃に弱い点があります。

両面開きのスーツケースは荷物の整理が簡単!

上記では片面開きのスーツケースについて解説しました。次は、荷物の整理が簡単で人気の高い両面開きのスーツケースについて紹介します。ハードケースに多い両面開きに関して、それぞれメリットとデメリットを説明するので是非参考にしてみて下さい。

整理整頓しやすい

両面開きのスーツケースは収納スペースが2つあるので、1つにまとめて収納する必要がある片面開きよりも、荷物を整理しやすいという点で優れています。 しかしスーツケースを開くときは床に広げる必要があるので、狭い場所では荷物の出し入れができない点がデメリットです。

防犯や損傷防止に役立つスーツケースベルト

皆さまはスーツケースベルトというアイテムをご存知でしょうか。スーツケースの防犯や損傷防止に役立つアイテムです。 使い方は、スーツケースに巻くだけですので簡単です。スーツケースベルトを付けているだけで目印になったり、また損傷しやすい部分に巻くと損傷防止になります。

まとめ

いかがだったでしょうか。 今回はおすすめのスーツケースをご紹介しました。スーツケースはハードケースやソフトケース、トランクタイプの3つの種類に分かれていたり、サイズも別々であるため選ぶのがとても大変です。そのため、この記事をしっかり読んで、自分の旅行の日数や荷物の量に合わせて選ぶようにしましょう。 その際に本記事がスーツケースを新調しようとしている方にとって、有意義なものになれば幸いです。

関連記事

頑丈なスーツケース!キャスターやボディが丈夫な最強の商品を紹介します
キャラクター入りのスーツケースをご紹介!ムーミンやサンリオキャラが登場!
ミニマリストがスーツケース1つで暮らす生活スタイルとは。収納法もご紹介!
修学旅行で人気のスーツケース(キャリーバッグ)中学生と高校生の男子・女子別でご紹介
人気の旅行バッグとは?メンズ・レディース用のおすすめバッグを日数別でご紹介!
旅行にぴったりなトートバッグ!一泊旅行からお泊り用のバッグまでご紹介!